ウェブサイトのフォント指定、Windows と Mac でうんたらかんたら~みたいなの考えるの結構わずらわしい気持ちがあり、最近はもう割り切って

body {
    font-family: (なんか欧文フォント), "Yu Gothic Medium", sans-serif;
}

みたいな感じで済ませることにしている。

欧文フォントはお好みで

これが数年前だったら話は別だったんだけど、今は Google fonts に和文フォントと相性のいい欧文フォントがちゃんとあるので、そんなにひどいことにはならない。
おすすめは Lato で、メイリオや游ゴシック、Noto Sans JP あたりとの相性もいい。
Lato 以外だと Montserrat も人気がある。Raleway もやや個性的だがいいかもしれない。Montserrat は幅広なので游ゴシックにはなじまないと思うが、見出しに使ったりキャプションとして添えたりするとよい存在感を発揮する。 個人的には Istok Web が気に入っていて、前3つに比べると幾分マイナーなフォントだが、わずかに角が丸められていて柔らかい印象があり、特に小文字の l は上の方が斜めにカットされていてかわいい。メイリオと組み合わせたときに違和感が少ないと思う。
フォント選び楽しいからみんなも探して選んでみるといいと思う。

游ゴシックでいいじゃん

Windows と Mac で書体名が違うとか、ブラウザでレンダリング結果が違うとか、いろいろありはするものの、游ゴシックが入ってない古い Windows のことはもう忘れていいし、フォールバック先にメイリオや MS Pゴシックをわざわざ指定する必要とかなくて、単に sans-serif としておけばそれぞれのシステムで利用可能なフォントがかわりに使われる。指定しないと謎のレンダリング結果になる古いブラウザのことは忘れよう。

Mac はもっと何もしなくてよくて、ほっといてもシステムに入ってるフォントで表示してくれるだけでいい。さいわいなことに、Mac と Windows とで游ゴシックの書体名が異なっているので、Windows 向けの游ゴシック指定は Mac では単に無視される。なんもしなくていい。

メイリオはダメかっていうとダメではないんだけどうっかりメイリオが入ってる Mac でメイリオが優先して表示されてしまうのはかなり辛いのでメイリオは使わない。サイトのテイストによってはメイリオみたいな懐の広いフォントのほうがよかったりはするんだけど、そのときは Mac 向けのフォント指定をあらためて書けばよいかと思う。

セリフ体は?

忘れよう。欧文のサイトだとセリフ体のほうが新聞っぽくて雰囲気出たり出なかったりすると思うけど、和文のサイトだと本文に明朝体を使いたいサイトっていうのはたぶんブランド性が重要だったりっていうことなので、それならもう Web フォントでダイナミックサブセッティングするなりしてちゃんと高品質なフォントで描画されるようにしたほうがいい。

テキストサイトは積極的にUD教科書体を指定してほしい

これはお気持ちです。

テキスト主体のサイトはUD教科書体を指定してほしい。
これ長文めっちゃ読みやすくなるんですよ。最近の Windows だとアップデートで入ってたり入ってなかったりする。入ってないユーザもいる、けど、入ってるユーザの体験めちゃくちゃよくなる。小説サイトとか特に指定してほしい。
一方 Mac はなんでもだいたい読みやすいのでいいんだけど、游教科書体が入ってるのでこれか、雰囲気の似ているクレーなんかでもよい。めっちゃ読みやすい。
あとこれはブラウザ上で遊べる HTML5 / JS 製のゲーム作ってる人向けの情報なのですが、ADVとかノベルゲームとか作ってる人はこのあたりのフォントを指定しておくとゲームの雰囲気が一段上のものになるのでぜひやっておきましょう。

どっとはらい。